二重整形は想像しているのとまったく違った

一重であることがコンプレックス

二重整形二重・目元整形

一重であることがコンプレックス | 二重整形をすべくバイトをしてクリニックのカウンセリングへ | 切開法の施術を受け大満足で毎日が楽しい  | 片方の目を二重整形して大満足しています

一重であることがコンプレックスでした。
高校の友人の多くがくっきりとした二重で羨ましいと感じていましたが、特に一重であることで困ることはありませんでした。
しかし二重になるとまだかわいくなれるような感じがして、ずっと憧れです。
毎朝することは、アイプチを使って二重を形成することです。
やっていくうちにスピードや出来はよくなりますが、体調が悪かったりすると同じ形成にすることができないこともあり、そうなると時間が掛かりますので困ります。
そんなことをしながら高校時代を過ごしました。
作ってきた二重でもありますので、多くの友人はわたしが一重であること、もしくはそれ自体を知っているのは少ないかもしれません。
大学になってまず行いたいことは、二重整形です。
そのためにアルバイトをしました。
埋没法がもっとも手軽に行うことができることから、その費用を捻出するためにアルバイトを頑張り、ダウンタイムをなくしたいことから夏休みに行う計画で頑張りました。
そのおかげもあって費用を作り、いざ病院に行くと驚くことになります。
自分が想像していた二重整形とまったく異なるからです。
もっと簡単に二重になることができ、その方法が埋没法と理解していましたが、いろんなデメリットがあることを知りました。